とーますメモ

Ruby on Rails / Goなどの学習メモ

【Docker】docker-composeの超基本な使い方

久しぶりにdocker-composeを使おうとすると、
コマンドをよく忘れているので自分用にメモ。

1)docker-compose.ymlファイルの作成

例)WordPress(+MySQL)を稼働させる

wordpress:
  image: wordpress
  links:
    - dbms:mysql
  ports:
    - 8080:80
dbms:
  image: mysql
  environment:
    - MYSQL_ROOT_PASSWORD=password

2)docker-compose.ymlがあるディレクトリへ移動

省略

3)docker-compose.ymlの記述に基づき、コンテナを一度に起動

$ docker-compose up -d

これで、ホストTCP8080ポート(localhost:8080)にアクセスするとWordPressインストールの画面が表示される。

4)よく使用するコマンド

サービスのコンテナ一覧を表示

$ docker-compose stop

サービスのコンテナを停止し、そのコンテナとネットワークを削除。
オプションで[--rmi all]をつけることでイメージも削除

$ docker-compose down

サービスを停止

$ docker-compose stop

サービスコンテナを強制的に停止

$ docker-compose kill

停止中のコンテナを削除
※[-f]オプションを付けると、確認なしでコンテナを削除

$ docker-compose rm -f

コンテナからの出力を表示

$ docker-compose logs

サービスを起動(コンテナが既に存在する前提)

$ docker-compose start

サービスを再起動

$ docker-compose restart